理解や思考は暗記の後で。憶えてから考えることで、分かるようになっていく

プロ家庭教師の指導方法-学び方を学習していけるように

記憶したことがらについては、
いつでもそれを思い出して考えることができます。

今目の前にあるものと似ているものを思い出し、
それらの関係性をとらえることができます。

この作業が「考える」ことのひとつであり、
その結果、理解が進むことになります。

 
「分かる」ようにするためには、
このように、まず憶えることが重要です。

知識が少なければ、つながるものが少ないため、
上のような気づきが少なくなるのです。

 
そして、理解は徐々に進んでいくものです。

いきなり理解しようとするから上手くいかないのです。

 
最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 


こちらの記事もおすすめです。

テストの点を上げる方法。提出物、宿題の使い方。まずはここから仕上げる

 


≫指導方法まとめ

≫お問い合わせについて

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました